なぜ?頭痛がこのツボを押すだけで改善するのか?【目白おおはま整体院】

頭痛で困っている方、最近は特に急増中!

アタマが痛い・・・・・というように、

頭痛でお困りの方が最近特に増えていると感じますね。

これは在宅勤務による姿勢のわるさと、コロナの影響がかなりあります。

そうです!この状況がすでに半年以上も続いているのですよ。

やばいです!

頭痛だけでなく、肩こりも伴ってしんどい思いを繰り返しされているはずです。

さらに秋になって、「気象病」と言われている頭痛を中心とした全身症状が

出ている方がさらに増えていると感じます。

では、なぜそのような辛い症状が現れるのでしょうか?

これはやはり自律神経の乱れが大きく関係しています!

さらに頭から首や肩にかけて筋肉の緊張がみられます。

今回は特に緊張性の「頭痛」で困っている方に対して、

自分で押して改善するツボをお伝えします!

その前に確認したいことがあります。

まずですねー、

皆さんは頭痛が出た時にどうのような対応を

とっているでしょうか?

多くの方は、あまりにもしんどい場合は頭痛薬である

「鎮痛剤」をすぐ飲むのではないでしょうか?

ううっ、正解です!  だって痛いんだもの!?

自分もあまりにも辛い場合はそうするでしょう(冷汗)。

ここで考えてみてください。

痛みに即効性があるもの、劇的に効くものには必ずや・・・・

「副作用」が現れます、というか出てきます。

頭痛で悩んでいる方は何年もの間、いい悪いを繰り返し

「慢性化」している人がほとんどです。

したがって、 痛みが出る ⇒ 頭痛薬を飲む!

を繰り返していると、今度は薬の効果がなくなってきますし、

さらに強い薬を求めたり、副作用により全身がだるくなったりします。

これって、ものすごく怖い事だと私は思います。

この負のスパイラルからまず抜け出すこと、

自分の頭痛に対する考え方や対処法を変えること、

さらに身体を変え体質改善をすること・・・が根本改善につながると考えます。

いかかでしょうか?

まずは自分に当てはめてみて考えてくださいね。

ツボの前に・・・自分の状態をさらに確認しておきましょう!

さてさて ツボをお伝えする前に、

まずは自分のコンディションを確認しておきましょう!

なぜならば、いくら原因が自律神経の乱れや気象病だとしても、

基本的な事が出来ていなければ免疫力が下がり、

頭痛に打ち勝つことが出来ないからです。

 

では、確認事項として、

1、朝起きる時間は規則正しいか、

睡眠時間の長さはどうか

2、食生活はどうか

カロリーばかりでなくビタミン・ミネラルなどの栄養は取れているか

3、水分補給を十分にしているか

脱水対策として、こまめに水を飲んでいるか。

4、身体を良く動かしているか

ストレッチなどで体を動かしているか。良く歩いているか。

5、ストレスをためない生活ができているか

自分なりのストレス解消法があるか。

 

以上の5項目をまず自分でチェックしてみましょう!

これらが最低限クリアされていないと、

次にお伝えするツボをいくら押しても、変化が乏しくなったり

持続効果を期待出来なくなってしまいます!

できるだけ、まずは5項目を少しでも

意識してみてくださいね!

このツボを押すだけで改善するのか?さあやってみよう!

今回お伝えする頭周囲のツボは3つです。

自分は鍼・灸・あんま・マッサージ・指圧の国家資格を持っていますので

わかりやすく説明しますね。

なぜこれらのツボを押すだけで痛みが改善するのかといえば、

東洋医学では、ツボとツボを結ぶ流れの事を「経絡(けいらく)」と言います。

この経絡は全身に張り巡らされていて、痛みのある所のツボを刺激するだけでなく、

その流れに関係したツボを押すことで間接的に変化を出すことができます。

したがって、痛みのあるところだけを「グリグリ」ともみほぐすだけでなく、

経絡に関係したツボも入れて刺激したほうが「ハイブリッド」の効果

期待できるのです!

 

では、まず1つ目のツボです。

1、太陽穴(たいようけつ)

目じりの横から真っすぐ耳側の方へいき、こめかみの場所で脈がふれる所になります。

この場所は強く押すと痛みが出やすいので注意が必要です。

ツボの押し方は、左右の人差し指、中指、薬指の3本の「指の腹」を

こめかみに同時に当ててください。

その場所でゆっくと小さく円を描くように前回り、

後ろ回りと動かしてください。

ポイントは圧をかけて痛気持ちいい範囲で行うことになります。

寝ながら、または座りながら眼をつぶり1分を目安に行ってくださいね!

一日3セットを目標にしましょう!

 

次に2つ目のツボです!

2、肩外愈穴(けんがいゆけつ)

このツボは、肩甲骨の角に位置します。

写真のように、反対側の手の「中指」と「人差し指」で押していきましょう。

ポイントは、痛きもちいい程度で行うことです。

10~30秒ほど圧を加え続けましょう。

このツボだけで、肩回りの緊張がかなり改善されます!

こちらも、一日3セットを目標にしましょう!

 

最後に 3番目のツボです!

3、百会穴(ひゃくえけつ)

このツボの位置は、鼻を通る正中線と両耳を結ぶ線が交わる所にあります。

 

押さえ方は、写真のように両手の指、計6本を使います。

じわっと圧を加えて前後に小さく動かしてみてください。

10~30秒 やってみましょう。

ツボ自体は1か所ですが、今回のようにその周りも含めて同時に押すと

効果が倍増します!

こちらも、一日3セットを目標にしましょう!

 

※以上 3つのツボを朝昼晩できれば優秀です。

もちろんこのツボ以外にも、たくさんの有効なツボがあり

それらのツボを合わせて使っていただいても構いません。

また効果はその方の体調や体質などの影響があり、

あらわれ方が各自 違うケースもありますので

ご了承くださいね。

 

今回は頭痛に特に効果があるツボをご紹介しました!

もしツボの位置などわからないことがあれば、LINEでご相談ください。

動画などで補足説明をさせてもらいます!

このツボ刺激でも、全く頭痛が改善されない場合、

身体全体のゆがみやズレが原因かもしれませんので、

その場合も一度ご相談いただければ、お力になれますので

どうぞよろしくお願いします!

皆さん、一緒に頑張りましょう!

おおはま整体院  濱田浩司

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA