頑固な肩こりへのマッサージ!強くもんだら逆効果ってホント?【目白おおはま整体院】

知らないあなたは悪くない!マッサージの認識を変えましょう!

 

肩が凝り固まると、ついついそこに手が伸びませんか?

肩がこってしまうとどうしてもそこに手がいってしまい、

ゴリゴリと押したり、

もみほぐしたくなってしまいますよね。

慢性の肩こりの皆さんは

同じような悩みを抱えています。

はい、納得ですね!

 

自分の場合は、普段肩こりを感じないほうなんです。

しかし長時間のPC作業や寒さで肩をすくめると、

コリを感じるようになるので、そこに自らの手が行き、

グリグリと押して良くなった経験があります。

 

ここで質問です!

一時的な応急処置ならいいのすが、

長年強くもんだり叩いたりを繰り返している方で、

肩こりが治った!」という人があなたの周りにいるでしょうか?

 

残念ながらそれをやって、

肩こりが完治した人をわたし自身は知りません。

 

 

頑固な肩こりへのマッサージ!強くもんだら逆効果ってホント?

はい、本当です!

強くもまれて大丈夫な人、効果があるという人は・・・・

「健康な人」なんです。身体が強いのです!

 

では肩を強くもむとどうなるのでしょうか?

肩の筋肉の中には、疲労物質や痛みを出す発痛物質と言われるものが存在し、

もむことで一時的に血行がよくなり、痛みが楽になります。

その時は痛みが引いたように感じますが、

強くもむと毛細血管や細胞まで壊してしまい、

翌日痛みがぶり返すことが多々あり

「もっと強く、もっと押して!」と体が要求する

状態になってしまいます。

 

これは負のスパイラルに入ってしまい、

本当に怖いことですね。

この時点で肩の筋肉はカチンカチンのはずです。

筋肉を自ら固くすることで 「防御反応」 を起こしているのです。

さてここで考えよう! 肩こりの本当の原因とは?

肩こりの本当の原因は・・・

・良くない姿勢(座り方、立ち方、寝方など)

・精神的ストレス、

・運動不足、

主にこれらが蓄積して 「身体のゆがみを引き起こし」 肩こりを発症します。

蓄積する事により、筋肉の疲労と脳の疲労が

痛みの原因になります。

筋肉疲労の痛みの原因物質は「乳酸」と言われてきましたが、

現在は「活性酸素が生み出す蛋白が原因」とわかってきました。

脳の疲労はやはりストレスから起こり、

交感神経と副交感神経をつかさどる 自律神経の乱れを引き起こします。

では今後、どうしたらいいのでしょうか?解決策を考えましょう!

1、姿勢を意識する

 

きちんと骨盤を立てて座りましょう。 ここがポイントです!

いくら猫背に気をつけても、土台である骨盤がしっかりしていないと

背骨の軸が定まりません。

さらにストレートネックにならないためにも、

首が前方に出ないようにアゴを引くことが大事です。

肩こりと姿勢の関係は、切っても切れない関係になります!

 

2、肩まわり、特に肩甲骨を動かすようにセルフケアをしよう。

肘を曲げ、手を肩につけて大きく円を描くようにまわしてください。

前回り、後ろまわりと両方行いましょう!

さらに両肘を後ろに引き、胸を張ることで

肩甲骨が近づき肩回りの筋肉の緊張がやわらぎ猫背が解消されます。

 

肩こりのセルフケアのポイントは、

肩甲骨の動きを出すことに意識を集中していきましょう。

 

ただし! 決して首をぐるぐる回しすぎないようにお願いします!

首のむちうち症状を引き起こしてしまう恐れがあるんです!

 

3、自律神経を整えて、身体をストレスから解放させてあげる。

 

自律神経症状はご存じのように、自分の意識とは無関係に症状が現れます。

またストレスと言っても、人それぞれ感じ方、とらえ方が違います。

概ね

・人間関係(仕事、友人、家族など)

・経済問題、

・健康問題、

・時間の管理 (仕事時間、睡眠時間、自分の時間)   の4つに集約されます。

 

これらが重なりあって、時と場合により

慢性化した肩こりになってしまいます。

 

そして、自律神経を整える方法は・・・・

40℃から42℃のお風呂にゆっくり入ること。

深くゆっくりとした呼吸。

あなたに合った適度な運動。

クヨクヨせずに、明るく前向きに笑顔ですごす。

水をよく飲むこと(1日1.5~2ℓを目標)

さらに整体を受ける事で自律神経を安定させる効果があります!

 

 

以上を参考にして、長年患っている肩こりを根本から改善しましょう。

「肩こり」に対して、強くもみほぐすマッサージをして身体にいい事など

本当に一つもありません!

体が強い人、強刺激を好むM体質の方のみの特権なんです。

そして強い刺激が肩こりを慢性化させてしまう原因の一つなのです。

とにかく 肩こり=マッサージ という安易な考えを改める時代になってきている

と自分は感じていいます。(私はマッサージの国家資格保持者なので複雑な心境です。)

一時的に楽になりたい場合をのぞいて、自ら姿勢をきちんと意識したり、

水泳などで肩回りを動かしたり、ストレスをためすぎない生活をすることが

根本改善につながると確信しています。

また、当院で行う整体は「肩こり」に特化して効果を感じていただけるので、

ぜひ一度は体験していただきたいですね!

最後に・・・・

「肩こりを治す意思のある人は、必ず肩こりを治すことができます!」

わからないことがあれば、是非お気軽にご相談ください。

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

心より感謝いたします。

【 おおはま整体院院長 濱田浩司 】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA