産後の骨盤矯正って、いつから何回やればいいの?そんな疑問にお答えします!

産後の骨盤矯正は、行う時期と回数がわからない!と皆さん言います。

ご出産、おつかれ様でした!

大変な思いをしてお子さんを産んだ事に対して、

こころから尊敬いたします。

男性には決して出来ない、未知の領域の世界なんですよね!

 

さて、当院には

「産後の骨盤矯正って出来ますか? 興味がものすごくあるんです!」

と良く問い合わせがあります。

話しをくわしく聴いてみると、、、、

 

出産後に腰痛が出でいたり、

産後太りになってしまったり、

身体が傾いていたり、

ボディラインがもどらなかったり、

骨盤自体の痛みや違和感、ズレを感じていたり、

足のむくみがひどくなったり、

着たい服が入らなくなったり、、、、と

 

悩みは人それぞれ違いがあるものの、

「出産によって現れた、骨盤のゆがみやズレが原因かも・・・」

という動機は一致しています!

 

産まれてくるお子さんのために

命がけで行った出産が、ご自身のカラダに対して

もの凄い負担をかけていた!ということなんです。

 

出産後も以前のように

綺麗な身体に戻りたいですよね。

ご主人も皆さんが美しくなれば

きっと喜ぶことでしょう!

 

わたしの場合はですねー

ふたりの子どもに恵まれて

出産当時は嫁さんが「骨盤が割れる~、なんとかして~」

と叫んでいたのを思い出しました。

その時も骨盤を含めた調整をして、ひどい状況から脱出させましたね。

 

そこで良く聞かれるのが

「産後の骨盤矯正って、いつから?何回やればいいの?」

という疑問なので、これから詳しく説明しますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

では、その答えに行く前に

「骨盤のゆがみとはどんなものか?」

説明しますね。

皆さん骨盤が開くといいますが、

そもそも本当に開くのでしょうか?

その疑問からお伝えしたいと思います。

 

皆さんが思い描いている骨盤が開くとは、

骨盤の全面の上側の部分が外側に広がるイメージがありませんか?

股関節を開くのと一緒に、骨盤がひらくイメージです。

 

実は骨盤がひらくとはそれとは「真逆な動き」になります。

つまり骨盤の上側が狭くなることにより、

赤ちゃんが通る産道が広がるようになります。

さらに股関節が内側にひねられてお尻まわりが一時的に大きくなるのです。

 

それ以外に骨盤が開く原因としては座り方にあります。

赤ちゃんを大切に抱っこをして、授乳などで長時間座りますよね。

その時の座り方が大問題なのですよ。

骨盤を後ろに倒して座ると、坐骨という体重を支える骨ではなく

骨盤をつないでいる後面の関節に負担がかかり、さらに骨盤がひらくようになります。

 

「ではいつからはじめればいいのか?」

はじめる時期とその理由をお伝えします。

当院の場合、出産後早い方で「2週間後」から始める人がいます。

出産直後から慌てて整体をする必要がなければ、

まずは身体を休めることを最優先にしてほしいです。

自分が考えるのは生活に多大な支障がなければ、

「1カ月後あたりがベター」ではないかと思います。

それはなぜなのでしょうか?

 

出産後は関節をゆるめる「リラキシン」というホルモンが分泌されている為、

骨盤が元の位置に戻りやすくなるからです。

元の位置に戻りやすい反面、再びズレやすいのが現状です。

したがって、ズレを最小限に抑えるためにも

座る姿勢が本当に重要だと思います!

座り方、立ち方としては「骨盤を立てる」、

さらに「骨盤を倒さない」ことが大前提になりますね。

足を組んだり、アグラをかく習慣のある方は

要注意ですぞ!

自分で自分の骨盤をゆがめて

しまっているかもしれません!

 

さらに「何回やればいいの?」という質問に対して、

おすすめしている回数が

「最低5回、理想は15回」とお伝えしています。

その理由は、5回の場合最低限の調整はできるので一時的に

ゆがみが改善します。しかし普段の習慣によるクセを治すのには

15回ほど約3か月の期間が、例えばダイエットと同様に必要になります。

 

まとめますと、出産後1カ月程度からが

骨盤矯正を行うベターな時期であり、

回数の理想は個人差があるものの約15回になります。

 

まとめです!いかかでしたでしょうか。

産後の骨盤矯正は需要があるものの

「どこへ行ったらいいのかわからない」

「痛くされるのではないか不安」

「いつまで通えばいいのかわからない」

などの声を聴いていたので、今回このブログを書かせてもらいました。

 

やはり出産するということは、自然分娩の場合も帝王切開だとしても、

ものすごい体力と精神力を使います。

約1年間ご自身のお腹の中で成長し、出産により膨らんでいたお腹の中が

空洞になるので骨盤のゆがみが出て当然のことです。

 

したがってその骨盤のゆがみを治すのには、時間がかかってゆがんでいた分、

ある程度の回数が必要になることが理解できると思います。

 

当院では、優しい骨盤矯正で安全に心地よく

骨盤調整をしていきますので、ご興味のある方は是非一度

ご相談からスタートしてみてくださいね。

 

いやー、それにしても

産後の骨盤の状態で困っている方が多いこと!

皆さんのお力になれたら、自分もうれしいですね。

 

おおはま整体院      濱田 浩司

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA