1回5分だけ!五十肩の自分で出来る簡単な治療法をお伝えします!!【目白おおはま整体院】

自分で簡単に出来る五十肩の治療法を知りたくないですか?

皆さん、こんにちは。

四十肩、五十って、

だんだん歳を重ねると、肩が痛くなってくる

イメージってありませんか?

実はわたくし、なんと31歳の時に

「四十肩」になりました!

「三十肩!」でございます!!

今考えると、笑ってしまいますよね。

 

当時は何がなんだかわからなく、

「まさか自分が・・・」

という心境でした。

 

その原因は何だと思いますか?

それは、、、恥ずかしながら

「下手なマッサージのしすぎ」でした。

 

 

その時は、まだ修行中の身で

毎日20人から30人の強いマッサージ

ひたすら行った為に、相当肩にダメージがきていたんだと思います。

 

その時の症状としては、、、

「寝返りで、痛めた肩を下にすると激痛!」

「マッサージで自分の体重が肩にかかると激痛!」

 

そんな状況でしたね。

約半年ほどで、自分なりに施術して良くしましたが、もうコリゴリです!

「自分と同じような辛い思いを、あなにはして欲しくない!」

 

そのために、今回のブログでお伝えしていきますね。

最後まで読んでいただき、

とくに五十肩の「初期症状」の方には、大切な情報ですので、

参考にしてもらえたら、良くなるスピードがグッと上がりますよ!

 

まず、五十肩って何でなってしまうの?

はい、よく聞かれる質問です。

その答えを今から話していきますね。

その答えは何と、

「原因不明」なんです!

有名ですから、知っていましたよね!

 

自分の経験からも、若くしてなるケースもあるし、

70歳で初めてなる人もいます。

現代医学ではまだ解明させていないものなんです。

 

しかしながら、自分が考える決定的な原因がありますね。

それはズバリ、肩周りの「筋力低下」です!

 

本来肩まわりをきちんと動かしていれば、

筋力低下は起こらないはずですが、

意識して動かしたりしていない人は、

歳を重ねるたびに段々と肩の筋肉、特に内側にある「腱板」という

インナーマッスル落ちてきて、関節が不安定になり、痛みが出やすくなりますね。

 

ではこれから、1回5分で五十肩の自分で簡単に出来る治療法を書いていきますね。

まず五十肩の治療というと、

どんな事を思い浮かべますか?

痛い場所に湿布を貼ったり、注射をしたり、

薬を飲んだりする事が、病院では行われています。

 

わたくしがお伝えするのはそれとは違います。

積極的に動かしていただきます!

 

俗に言う「アイロン体操」というもを

もっと簡単にやりやすくしたものです!

では実際にやってみましょう!

4パターンあるので、

ひとつを1分ぐらいの目安でやりましょう!

まずは基本姿勢です。

左肩を痛めたと仮定して、ベッド机などに右手を着けて固定してください。

この状態で腰からゆっくり折り曲げ

中腰に近い形になり、左肩をダラーンとします。

 

この基本の状態からスタートしましょう。

図ではアイロンを持っていますが、

500ミリのペットボトルが絶対にお勧めです!

したがって 「ペットボトル エクササイズ!」と名付けました!

 

大切なポイントは

「脱力してやる事!」につきます。

 

肩を関節から動かすので、どうしても少しは痛みやダルさがでるので、

その状況でも「脱力」をがんばりましょう!

ここがポイントです!

     では実際にやってみましょう!

1、前後の振り子運動!

基本的姿勢から図のように親指を正面に向けて、

前後にゆっくり動かしてみましょう。

痛みがなく脱力できていれば、

どんどん振り幅を大きくしてみてください。

まっすぐに立って腕をあげると痛みが出たものが、

腰を曲げて重力を取り除いてやると、痛くないのです。

肩の動きが広がっているのを確認できると思います!

2、左右の振り子運動!

基本姿勢から親指を内側に向けて、

左右にゆっくり動かしていきましょう!

これも痛みがなければ、振り幅を

どんどんあげてみてください。

可動域が広がっていきます!

 

3、内回りの円運動!

左肩の場合、親指を内側に向けましょう!

そして内回り(右回り)で円を描くように動かします。

痛みがなければ、円をだんだんと大きくしていきましょう!

 

4、外回りの円運動!

こちらは、親指を外側に向けてください。

場合により、この姿勢で痛みが出てしまうことがあるので、気をつけましょう。

問題がなければ、外回り(左回り)でゆっくり回していきましょう!

だんだんと円を大きくしていけたら、なおいいですね。

この場合の意識は常に「脱力!」です!

 

以上の4パターンを約4分で行ったら、

最後に残り1分でクールダウン!

肩の上げ下げ、胸を広げた深呼吸で終了です。

 

はい、1回5分で完了!

いかがでしたでしょうか?

どうしても文章では伝わりにくいことがあるので、

ご勘弁ください。

詳しく知りたい方は、

LINEから言っていただければ、

動画をお送りすることもできるので、

ぜひご相談くださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

五十肩は個人個人により、痛みの程度も、

痛みの出る場所も違います。

一人で悩まないで、当院でお役に立てることがあれば、

まずはお気軽に電話かLINEでご相談くださいね。

 

目白おおはま整体院  濱田 浩司

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA