テレワークで急増!五十肩で困っていませんか?

 

はい、皆さんこんにちは。今回は「五十肩」のブログを書いていきたいと思います。

最近ですね、テレワークによる「五十肩」がものすごく多いんですね。

うちに来院された方の例ですと、在宅勤務が始まり「1年間も放置!」していた

方もいました。やばいですよね。「なぜ?何故?一年間も我慢していたの!」という

自分の心の声がでてしまうほどでした。

本人曰く・・・ 「治ると思ったので・・・」

            はい正解!

とはいかなかった例になりましたが、現在ほぼ以前の日常生活が出来るまでに

回復しています。

 

ではなぜテレワークで五十肩が急増するのでしょうか?

これはですねー、

同じ姿勢を長時間していること、

運動不足や動かし不足が根底にあり

さらにストレスが、血の流れを悪くしてしまいます。

 

いざ動かしてみよう、使ってみよう

とした瞬間に「いた~」と痛みがでて悲鳴をあげたり、

または違和感が出たりします。

その時点で気づけばいいのですが、大抵はきづきません。

その場合、どんどん進行していきます。

それが四十肩や五十肩のやっかいな所であります。

気づいたときには、手が挙がらなくなったり激痛になったりします。

 

そうならないために、今からお伝えする3つのチェック項目を確認してもらい、

自分や自分の周り大切な人たちに関係のあることならば、早めの対応をお願いします。

 

今回のブログでお伝えしたいことは、

五十肩は初期対応が重要!是非次の3つをチェックしよう!

初めの初期症状をいかにくみ取るなのか?が大事になります。

 

では四十肩・五十肩の初期症状って何なのでしょうか?

一つ目は まず肩に違和感がでます。

それはどこに出るのかと言えば、肩の前面にでることが多いですね。

その時点で気づけばいいのですが、非常に少ないです。

違和感が出た段階で、きちんと経過観察をすることが重要です!

 

二つ目ですが、何に気づくかと言えば、

寝ていて寝返りをうった際に、痛みがでます。

もちろんダルさもでます。

そこで気づけばいいのですが、今度は肩の関節が動かなくなります。

これはズバリ「身体の防御反応」であり、万歳ですとか、どこかの荷物が取れなくなり、

肩や手が動かなくなってくると要注意です。

 

三つ目が最も特徴的は症状である夜間痛がでます。

この時点で気づけばまだピークアウト、痛みがピークに到達する手前なので

まだ早く良くなる可能性がありますけど、

痛みがピークにいってしまうとなかなか治りません。

この段階まできたら我慢などせずに、早め早めの対応をしないと

大変な事になる場合があります!

 

今回はひどくなる前の気づきについてお伝えしました。

でですね、これはすごく大事なことでひどくなってしまってからでは

ものすごく大変な思いをしますので、

初期に感じる肩前面の違和感ですとか、

寝返り痛ですとか、

夜間痛をぜひ見逃さないようにチェックしてみてください。

よろしくお願いいたします

やはり自分としては、酷くなる前の整体がおすすめです!

      【目白おおはま整体院  濱田浩司】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA