なぜ日常的なストレッチが必要なのか

ストレッチというと運動前の準備体操のイメージが強く

「毎日欠かさずやっています」と言う方は稀だと思います。

 

いざ始めようとしても、すぐに億劫になったり

時間が取れない等の理由から変化が感じられる前に

辞めてしまった、といった意見もよく耳にします。

 

漠然と体に良いイメージはあっても

何のために必要なのか理解しないと

なかなか長続きはしないものです。

 

今回は、ストレッチをすることで

具体的にどういったメリットがあるか

どんな症状に効果があるのか

簡単に3つに分けてご紹介していきます。

 

①身体を動かすのが億劫に感じる負の連鎖を解消できる

身体を動かすのが億劫になる原因の一つが筋肉の硬化。

社会人になると運動時間が減るのに対して

デスクワークなど長時間同じ姿勢でいる事は多くなります。

すると血行が悪くなって老廃物が溜まりやすくなり

筋肉も硬くなって、肩こりや腰痛の原因になります。

それが長く続くと、運動不足から肥満傾向になり

さらに運動が億劫になって肩こり・腰痛が悪化

といった負の連鎖に陥ってしまいます。

それを予防するには運動が必須ですが

『激しい運動が苦手』『時間が無い』という方には

1日10分のストレッチがおススメです。

これを30日も続けられれば格段に

体が楽になるのを実感できるはずです。

 

➁背中の張り感・猫背が改善し姿勢が良くなる

猫背の原因の1つがデスクワークによる背中や腰の張り

運動不足による背中の筋肉が弱くなる事や硬化があります

これに対して体幹部を中心にストレッチすることで

固まった筋肉がほぐれて猫背を解消しやすくなり。

合わせて体幹のトレーニングを行う事で

スマートな正しい姿勢をキープする事が

出来るようになります。

 

③血流が良くなることで肩こり、冷え症も改善

筋肉を動かすと血管に大量の酸素が送り込まれます。

これにより糖質が燃焼する事で運動に必要なエネルギーを生産します。

ここで重要なのがストレッチで血流を良くする事です。

それにより肩こりや女性に多い冷え症の改善に繋がり

体内の老廃物も排出されやすくなるので

日常的な疲れも取れやすく、代謝がアップして

太りにくい体を作る事ができます。

 

習慣化できるまではどうしても、面倒に感じるかもしれませんが

激しい運動をするわけでも無く1日10分程度時間を作るだけで

これだけメリットがあれば、やらなければ逆に損をしてしまうくらいです。

厚生労働省が日常的な体の悩みを調査した結果でも肩こり・腰痛は特に多い症状です。

 

健康な身体、良い姿勢を作るために

運動経験のある方は、自分の知っているものから

ストレッチに馴染みのない方は治療院やジムなど

でアドバイスをもらうのが良いと思います。

 

ぜひ日々の生活にストレッチを組み込んでみて下さい。

おおはま接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3951-5834

〒171-0031 豊島区目白5-5-3クオス目白1F
椎名町駅より徒歩7分、 下落合駅より徒歩8分
目白駅より徒歩15分、『目白5丁目』バス停前

ページトップへ戻る