「温めること」

1月も半ばに入り、厳しい寒さが続きますね。

手足の指先が氷のように冷えて辛い、寒くて丸まって肩が凝るなどのような声を

最近チラホラ聞きます。

 

そこで今回のコラムは「温めることの大切さ」について書いていきたいと思います。

 

 

皆さんは自分の平熱をご存知ですか?

現代人は様々な理由から低体温になっているそうです。

 

例えば、

・運動不足

・湯船につからずシャワーで済ませる

・夏はクーラーをガンガン

・食生活の乱れ(食べ過ぎ・食べなさすぎ・偏食)

・過度のストレス

 

などが原因として挙げられます。

皆さんも思い当たる所があるのではないでしょうか?

 

 

 

本来人間の体は36.5℃以上で正常に働きます。

体温が1℃下がるだけで、エネルギー代謝が12%、免疫を司る白血球の働きが30%落ちます。

これにより風邪を引きやすいなど、様々な病気を引き起こすそうです。

 

さらに体温が下がり冷えることで、血流も悪くなります。

筋肉が固まるので、思わぬギックリ腰や寝違いを起こしやすくなります。

実際に12月は腰を痛める人、首の寝違いの方がとても多かったです!

 

 

逆に体温を1℃上げると、免疫力は約5倍上がります。

その為風邪が引きにくくなり、健康な状態を維持することができるのです。

 

 

 

対策としては、

上記の原因を見直すことはもちろんですが

 

 

おおはま接骨院では、お灸をオススメしています!

お灸はヨモギからできたモグサを身体全身にあるツボに据えます。

お灸をすることにより、身体本来の持つ温める力を引き出します。

血流も上がるので身体がポカポカし、調子も整いますよ!

 

 

 

「お灸が熱そうで怖いな~」、「火傷しないの~?」

と思っている方も安心してください!

直接皮膚に触れないように台座を使ったお灸がありますので、皆さん安心してできていますよ。

皆さんの身体に合わせたお灸を行います。

 

 

少しでも興味があればお問い合わせくださいね!

おおはま接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3951-5834

〒171-0031 豊島区目白5-5-3クオス目白1F
椎名町駅より徒歩7分、 下落合駅より徒歩8分
目白駅より徒歩15分、『目白5丁目』バス停前

ページトップへ戻る